医院案内 スタッフ紹介 コンセプト 診療案内 アクセス 予防歯科 マイクロスコープ 症例集 求人情報 トップページ
お問い合わせ
医療従事者の方へ
ブログ
予防歯科ブログ
DoctorsFile いちかわデンタルオフィス

新大塚駅より2分/大塚公園隣

 〒112-0012
 東京都文京区大塚4-48-6
 アネックスヒルズカミクラ1F

tel 03-5977-1788

 平日:10:00〜13:00
    14:30〜19:00
 土曜:09:30〜13:30
    15:00〜17:00
 休診:水・日・祝

文京区ドクターズ インタビュー 駅から動画

歯の根の炎症を放置した場合に起こること

2018年08月26日

虫歯、歯周病など口腔内で問題になる病気の多くは細菌によるものです。

細菌感染による炎症の放置、拡大が重篤な症状につながることがあります。

たかが虫歯という考えは非常に危ないです。

 

場合によっては顔や顎が腫れてしまい、食事、会話などの日常生活に支障をきたすようになってくるわけです。

こちらの写真のように顔面が非対称になるほどの強い炎症が起こる可能性があります。

 

更に症状が進めば呼吸への影響が出たり、入院下での消炎処置が必要となることもあります。

 

術前のCTでは顎骨の吸収がおこっていることがわかります。

 

治療をすることで骨の再生が起こり始めていることがわかります。

当然、顔の腫れもなくなっています。

 

 

こちらが治療前の口腔内です。

右下奥の腫れもありますが、歯周病を示す歯茎の炎症や歯石が認められます。

歯を残していくなら歯周治療も必要となります。

こちらが根管治療を行い仮歯を装着し、歯周初期治療が終了した状態です。

 

根管治療はあくまで消炎処置の一環にすぎません。

根管治療だけでは歯は残せません。

根管治療後に適切な、歯周治療、補綴治療が行われない限り、トラブルが起こります。

 

当院では正しいルールに則った根管治療および、その後の歯周治療、補綴治療、メンテナンスにより、長期に渡って歯が維持できる歯科治療を行なっております。