症例集

 


医院案内
スタッフ紹介
コンセプト
診療案内
アクセス
予防歯科
マイクロスコープ
症例集
求人情報
トップページ
お問い合わせ
医療従事者の方へ
ブログ
いちかわデンタルオフィス

新大塚駅より2分/大塚公園隣

 〒112-0012
 東京都文京区大塚4-48-6
 アネックスヒルズカミクラ1F

tel 03-5977-1788

 平日:10:00〜13:00
    14:30〜19:00
 土曜: 9:30〜13:30
 休診:水・日・祝

症例について

根管治療に必要な環境・設備

当院では、治療を成功させるための原則、ルールを守り、再発のリスクの少ない
精密な根管治療を行います。

  • ラバーダムの使用
  • 患者さんごとでの器具の滅菌
  • 顕微鏡、CTを用いた精密な治療

このような環境で、科学的な根拠に基づいた治療を行います。
また大学病院での専門外来に従事することで得た、
様々な症例経験により幅広い症例に対応致します。

予知性の高い治療を提供することで、再治療のリスクを抑え、
ご自身の歯を最大限に長持ちさせるための治療を受けることが可能となります。

広範に及ぶ病変の治癒

比較的大きな病変でも、適切な診断、治療により保存が可能となります。
感染の除去により、骨の再生が起こります。この状態で初めて治癒をしたと判断され、
被せ物も安心して被せることが可能となります。

 
広範に及ぶ病変の治癒:その2

レントゲンでは骨の吸収の範囲、根の状態が不明瞭なことがあります。
CTによる精査で、より安全に早く確実な治療が可能となり、
きちんと病変も治癒していることが確認できます。

 
     
 
破折器具除去を行った症例

過去の治療で根管内に折れこんだ治療用器具があり、
再治療の際に除去が必要となることがあります。

顕微鏡下にて除去を行うことで、歯にかかる負担を最小限にし、治療を行うことができます。

 
     

実際に除去した破折器具です

複雑な根管形態を伴った症例

根の先の複雑な枝分かれが原因で、保存のためには手術が必要なこともあります。
顕微鏡を用いた治療を行い、手術をすることなく側枝まで形成、根管充填を行うことで
症状が改善しています。

 
穿孔封鎖を伴う症例

治療で削られてしまった。炎症により歯が吸収してしまった。等の理由で
根に穴が空いてしまうことがあります。
従来は残せないと考えられていた歯も
適切な治療により、保存が可能となります。治療により、穿孔部周囲の骨再生が認められます。

 
内部吸収により穿孔を伴った症例

炎症を放置したことで歯根吸収を起こすことがあります。
MTAセメントにより封鎖で予知性の高い治療が可能となります。

 
歯髄保存療法

通常は神経を取らないとならない深い虫歯でも、
適切な治療により神経の保存が可能となります。

神経を保存することで歯の寿命が長くなります。

 
     

歯髄保存療法:その2

仮に神経を取らなければならない場合でも、炎症を起こした部位を除去し
正常な部分を可能な限り保存することが可能です。

 
その他の症例

その他の症例に関してはブログでも紹介をしております。
詳細はこちらよりご覧いただけます。