精密根管治療

一生ご自身の歯で噛めるように

他院での治療でうまく行かなかった症状でも、是非一度いちかわデンタルオフィスへご相談ください。

いちかわデンタルオフィスでは歯の根の炎症に対して行う根管治療を、非常に高い精度で行うことが可能です。
根管治療後の再発のリスクを最小限にするためには、感染のコントロールを行うためのラバーダム防湿、根管を観察するための歯科用顕微鏡の使用などが必要となりますが、それらの器具を適切に使用するための技術や経験、何より歯内療法に関する幅広い知識が必要となります。

当院では、他院での治療が上手く行かない、歯や神経を残したいなど、根管治療に関してお困りの方が多数来院されます。その中には適切な診断がなされていない、医学的な原理原則から外れた治療などが散見されます。

十分な治療時間を確保して丁寧で精密な治療を行う事は当然として、歯内療法の原理原則を守った治療を提供する事で、患者様の歯を最大限に保存することが可能となります。

精密根管治療の特徴

マイクロスコープの使用

マイクロスコープとは、手術用の顕微鏡のことです。
肉眼より3~20倍に拡大した視野で治療が行えるため、より精度の高い治療を患者さまに提供することができます。

マイクロスコープを使うメリット

精密な治療が行えるため、虫歯になった部分のみを削り取ることが可能です。
これにより、余分な歯を削ることなく治療が行えます。

詰め物についても、わずかな段差もチェックできるため、より違和感の少ないコンディションが可能となります。

そして根管治療(根の中の治療)については、非常に複雑で細かい治療にもかかわらず、従来は医師の手先の感覚に頼って治療を行っています。
しかし、当院ではマイクロスコープにより、根管内を直接見ながら治療できるため高いレベルの治療が可能です。
さらにこの正確な治療が、その後の虫歯再発予防に対しても大変重要となります。

マイクロスコープを使用すれば可能な限り削らない精密な治療が可能です。

治療のご相談、ご予約などお気軽にお問い合わせ下さい

03-5977-1788

平日10:00~13:00、14:30~18:00
土曜9:30~13:30、15:00~17:00
(休診:水曜・日祝)

メールでのお問い合わせ